宇宙人の遠隔脳操作の防護・緩和対策

 宇宙人・地球外知的生命などの、量子テレポートなどを使った脳の遠隔操作技術は、電気信号に近い電磁パルスなどを、脳のニューロンに転移するため、「電磁波」を吸収、遮蔽する対策で、ある程度の操作緩和が可能です。1.銀などの繊維と使った電磁波シールド生地の帽子 2.ゼロ地場カードを使った電磁波の吸収・消失 3.防犯ラベルシールを使った、電磁誘導コイルによる電磁波の吸収 4.ネオジム磁石などを使った磁力での電位吸収これを組み合わせ、脳への電位テレポートによる脳操作の軽減がある程度可能です。 5.プラチナシリコンに、コロイド水を、電子レンジで量子相転移した素材。まず、電磁波防護用の帽子が市販されており、それはある程度有効です。製品をいくつか紹介します。帽子をかぶるだけでは不十分のため、後述の対策と組み合わせてください。 電磁波防御 ヘッドキ...
Read More