宇宙人の遠隔脳操作の防護・緩和対策

 宇宙人・地球外知的生命などの、量子テレポートなどを使った脳の遠隔操作技術は、電気信号に近い電磁パルスなどを、脳のニューロンに転移するため、「電磁波」を吸収、遮蔽する対策で、ある程度の操作緩和が可能です。

1.銀などの繊維と使った電磁波シールド生地の帽子

2.ゼロ地場カードを使った電磁波の吸収・消失

3.防犯ラベルシールを使った、電磁誘導コイルによる電磁波の吸収

4.ネオジム磁石などを使った磁力での電位吸収
これを組み合わせ、脳への電位テレポートによる脳操作の軽減がある程度可能です。

5.プラチナシリコンに、コロイド水を、電子レンジで量子相転移した素材。

まず、電磁波防護用の帽子が市販されており、それはある程度有効です。
製品をいくつか紹介します。
帽子をかぶるだけでは不十分のため、後述の対策と組み合わせてください。

電磁波防御 ヘッドキャップ<< MDK307

電磁波防御 ヘッドキャップ<< MDK307

 
エコロガ 高周波電磁波防止リバーシブル帽子 PT312

エコロガ 高周波電磁波防止リバーシブル帽子 PT312

 
高周波電磁波シールド ニット帽子 << MS308-L  [Lサイズ]

高周波電磁波シールド ニット帽子 << MS308-L [Lサイズ]

 
エコロガ 高周波電磁波シールド帽子(キャスケット) SAR312

エコロガ 高周波電磁波シールド帽子(キャスケット) SAR312

 

  筆者は、ニット帽子(内側に電磁波シールド生地・ダリ使用)を所持しています。
また、”ピカソ”という電磁波シールド生地があり、それが最も素材としておすすめです。
市販の帽子がないため、筆者は生地を買い、帽子の上部などに巻いていたります。


次に、「逆位相コイル」を用いた、ゼロ地場カードという市販品があり、これは電磁波を吸収・地球空間から減衰させるため、非常に有効です。
カードのため装着は、帽子内側や、ヘッドバンドなどにつけて、”額や頭頂部”などにつけてください。1枚額にあればかなり有効ですが、2枚以上を帽子内部に入れるとなお効果があります。

スポーツ用ヘッドバンドにゼロ地場カードを付けた例
(カードの下にはネオジム磁石を付けています)

f:id:lachesith:20160509042823j:plain

 

ネオジム磁石を使ったヘッドバンド
 長方形型15 × 10 × 5 mmのタイプをヘッドバンドを挟み三枚重ねにしています。

f:id:lachesith:20160509042920j:plain

次に防犯ラベル(シール型)を使ったヘッドキャップ
50×50mm 防犯ラベル 無地 ≪1000入≫ (3500円前後)

急ごしらえのため雑なつくりですが、頭部に被れるようにしてあります。
銀繊維タイプの電磁波防護帽子と重ねると効果的です。(電位が銀繊維に転移するため、重ねると効果的です)

f:id:lachesith:20160509043431j:plain

5.プラチナシリコン
これは、ルクエなどのシリコンスチーマー素材(電子レンジ用のケース素材)
これは、ただ使うのではなく、シリコンスチーマーに水を入れ(コロイド液体で小麦粉を溶かした水などがなおよい)を、電子レンジで水を交換しながら、10分x20回などで、200分程度加熱します。)

す るとプラチナシリコン素材が、宇宙に対の宇宙があり、そので、量子場を形成する状態になり、水のイオン相転移が起こり、地場のような、対の水の量子場が発 生します。電子レンジで水を相転移させた分、チャージされるに近いです。使用により減衰があるため、効果が減ってきた場合再度電子レンジで水を相転移させ てください。
筆者は市販品を、前述までの帽子の上にさらに重ねる形で使っています。
必要に応じて素材加工してください。

f:id:lachesith:20160509044240j:plain

また、頭部以外への電磁パルスのテレポートの身体ダメージ対策として、筆者は下記の電磁場防護スーツをほぼ着用しています。男性はXLサイズで172cmのため、体が大きい方はピカソ生地で自作が必要かもしれません。


これはあくまで、一般生活をする方の簡易防護策です。
本来、政治家ですら宇宙人の遠隔脳操作を受けるため、
政府レベルで、

・電磁波シールドルーム、
・MRIなどの設備を改良した、部屋ごと強磁場で覆う、磁場フィールド設備
・電磁場測定の専用システム
・プラスイオンの”宇宙人の量子テレポート”を測定するシステム、
などが必要です。

簡易的ですが、いったん公開とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です