複製された地球に私たちは存在している

私たちの宇宙は「地球の周囲の宇宙ごと”複製された複製地球”」であるのが「事実」。
元祖の地球から”物質まるごと質量複製”する技術で作られたのが、私たちの「複製地球」です。

 

日経サイエンス2003年8月号の表紙が、複製地球の参考イメージ

今の結論のひとつが
神々(高度科学を有する地球外存在)により「創造された地球」は「失敗作」というために「いくつも地球事物理コピーまでして「失敗の原因を考えている途中」だが「失敗作」なので、

どうしよう→いまここ

理由はいろいろありますが、地球上だけでみても「テロ」、「不要な地震」、「アフリカの食料不足」、「さまざまな地球外干渉による被害をなくす」など、不具合が無ければ成功ですが、不具合多数なので失敗

地球管理者には、超高度科学技術があるのに、なぜ、というのが
「アンチ地球」「地球の哺乳類の人類が気に入らない」宇宙人がいるためであり、それの排除が現状これから

地球人人質作戦というのも、アンチ勢力の常とう手段です。
哺乳類の地球人からすると、「守ってもらいたい」→地球人を守る存在がいある→そこに対し”哺乳類の人類を攻撃するのは軽い”という悪性エイリアンが”地球の哺乳類を攻撃すっぞ、止めたければ、身代金よこせ”的にゆする反地球人派エイリアンという、その悪循環をなくす

ニューヨークが戦争で壊れ、そのため過去の地球の物理コピーから私たちの地球をやり直していると聞きました、
ウルトラクイズで「ニューヨークに行きたいかー」と言ったのはウルトラマンは、廃墟でニューヨークに行けない別の地球を見ているから。

失敗した地球はどうなっているのか、宇宙人からはこれから聞くところです。

パラレル宇宙、地球の複製がいくつかあると、
タイムマシン的なことが宇宙人視点からは可能、

現在を過去には戻せないが、ある年代の複製地球を別個つくり、数個の地球、二十個未満の複製地球での”地球間の複製”での「疑似的時間移動」なら現状行っているとのこと

地球1、地球2、地球3、4.5、、、と複製を作って
地球1(1600年)
地球X 2040年以降?
地球2 1960年頃
地球3 1986年ぐらい
地球5 2014年ぐらい
など、宇宙人視点での”タイムマシン的な地球比較”はできるそうです。

元祖地球に対し、複製の複製の複製分岐が、私たちの現在地球であり、

元祖地球

???(まとめ中)

↓ 1600年代の複製?


分岐 (第二次世界大戦前の分岐アリ)

1967年あたりの複製分岐?

ニューヨーク戦争跡地ルート(2000年前半)

(過去の地球複製に戻る)

北米戦争前の地球の複製からやり直し

ジャパニメーションが盛んな時期の地球に
(ジプリアニメや、エヴァなどが顕著)

2006か2007年の平行パラレル宇宙の分岐?


(分岐?)

現在地球

 

地球が複数あるということは、
地球の権利を持つ宇宙人が地球ごとに違うケースがある、ということを聞いています。
(基本複数の宇宙人組織の管理体系」

ようするに宇宙人AとBが喧嘩したら地球でテロやさつじん、戦争などの要因になると

 

どの宇宙にいるかによるが、南宇宙としている宇宙にある知的存在(宇宙人」が「反地球派閥」の方が長く生き残れるかも(あくまで仮定」の一族が、地球人類へ、脳と身体を遠隔操作し、悪影響や乗っ取りで社会性や品質を落とす、という地球人乗っ取りをし、宇宙人上位種から対価を貰い、自分たちの組織を広げる、という構造もあるとのこと

地球干渉宇宙圏の最上クラスの一種→宇宙戦争の戦闘兵器の残り(技術屋ではなく、戦争屋の最大巨大兵器の半サイボーグ的な、機動兵器のようなもので、パラレル地球の宇宙が、簡単に吹っ飛ばせるようなサイズ)
※北銀河の視点らしいが、その上の時空も、きっとあるという推測らしい。
大宇宙の壁(イベントホライゾンの上)を超えて、さらに巨大ボイドに、知的存在の痕跡があったので、現状の地球のある管理領域の最大の、もっと遠い時空に、ほかの知的存在が残っているという推測なので、その反対側の宇宙までは地球干渉圏側のサイドからはわからないということらしい

神道系→あくまで複数地球に関与できる高度素粒子のシステムであり、第三位級から第二位級の傘下とされる

 

>日本神道を管理している宇宙人達は、相当な格の高い、巨大神霊の宇宙人みたい
これについては、一部、ヒントを当てているかもしれず、
管理圏にある神道システムは、高度だが、エネルギー量などで上位とは言えない状態で、ただし、技術体系は非常に高いものを古くから用いており、
「分断されている、今の宇宙の側では中間位の上ぐらい、」かもしれないが、
そのアーキテクチャーの本来は、分担地球側サイドの宇宙圏の、より上位技術が垣間見られ、つまり、巨大神霊は、地球サイドと、離れた時空に、本体があるかもしれない、ということです。
ただし、地球側自体には本体が来ていないので、中間位程度(地球サイド視点)としています。

つまりどういうことかというと、
神道系の「本体的存在」は、足手まといの地球に、関与を抑えている、
また、複製地球サイドの宇宙は「黄泉の国」視点であり、つまり「無間地獄の宇宙」にある複製地球ではないか(そのため複製地球で、歴史を繰り返したりしている)、

暫定情報では,黄泉の巨大機動兵器と、その補助役を、イベントホライズンで遮って閉じ込め、その監視用に、地球的なシステムとその管理システムを置いて、機動兵器群の”暇つぶし”につかっている?(つまりオリジナル的地球ではなく複製を使っている?、ただこのいまの現代地球に対する、オリジナル地球もこちらサイドに一応あるらしい)。などいろいろ
_____________
神社領域の高度地球管理者(地球外知的存在の中間上位)は、1システムで、地球の宇宙7つと、その倍のシステムを同時に見れるらしい。

「通りゃんせ、通りゃんせ、このはどこの細道じゃ、天神様の細道じゃ」
の意味は「地球5つも6つも見てるから、同じ複製地球のどの地球の細道じゃ?(同じ区画の複製が複数みると、間違えるかもしれない?」

私達の地球側に、8つのスペースがあり、その一つが私たちの地球の宇宙(数は暫定)、8分だが7つ分の宇宙がある(1つは消したらしい)。
7つの宇宙にある地球の複製は5個+αぐらいとのこと。(他に2宇宙では、非ホモサピエンスタイプ、地球の哺乳類以外の生物の居住用惑星のスペースであるらしい)
(この地球がある側を、8つのスペースのサイドとして、別サイドにも、10個ぐらい(数暫定)の地球用宇宙があると(仮)

_____________

___________

課題の最大の一つ

・今の現実の地球自体が”将来存続するか”
という点

複製地球の分岐がいくつもあるので
”消されるルートに注意”という点

今の複製地球(私たちの現実)の問題は、
・現在地球は”検証用?”(というのはプロパガンダ)
・”実験用(これはほぼ”、

”他の上位の宇宙人勢力の足を引っ張るため(である可能性がほぼ間違いない”、

・複製のシステム自体に”サタン・ルシファー”など、邪神系の基盤技術が組み込まれている(ほぼ正解)、ので”いつまでもいたちごっご”

”基盤に邪性宇宙人の傘下になっているため”、善性宇宙人がいくら現実の哺乳類の地球人の見方をしようにも”敵陣(地球人を囮にする作戦)の勢力の複製地球に乗り込むような状態が一部ある”

そのため”地球外”の宇宙人情勢の方で”地球人の囮や人質作戦”をする悪性な勢力を排除してから出ないと、「複製地球は籠の中の囮”状態を、”抜け出す”、ための方法は、というところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です