高野愼介と宇宙人シンクロ 2017年の日本の宇宙人映画4作ほか

今年2017年の日本の宇宙人もの映画4作品、
いずれも高野愼介(たかのしんすけ)に合わせて宇宙人シンクロ現象が起きている。

『散歩する侵略者』
(宇宙人が人間の体を乗っ取る話)
主人公の真治の呼ばれ方→「しんちゃん」
「満島真之介(しんのすけ)」「高杉真宙」が出演し、「タカとシン」にもなっている。
満島真之介(しんのすけ)さんが真治から「の」を奪われるシーンがある、
→「しんのすけ」から「の」を奪う→「しんすけ」
満島真之介さんの誕生日は5月30日で、高野愼介の誕生日も5月30日でシンクロ

『クレヨンしんちゃん宇宙人シリリ襲来』 →「しんのすけ」 「しんちゃん」

『銀魂』(宇宙人が江戸を支配している設定)
堂本剛の役「高杉晋助(しんすけ)」が登場し、「しんすけさん」と部下たちに呼ばれる
「新八」は姉に「しんちゃん」と呼ばれる(しかも長澤まさみのセリフ)
劇中で小栗淳が演じる「銀さん」が「タウンページですかー」と叫ぶシーンがあるが
そのタウンページは、高野愼介のサイト
http://townpage.co.jp/
にかけている。

『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』
スーパーマン(宇宙人)が登場する
鷹の爪団→タカノ、
劇中テロップに豊島区長「高野」氏の名前が出る
「シン・入社員」が登場

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』
ヒロイン「なずな」は、高野愼介の母校の同窓会報誌、学園祭の名前
なずなの母と父の声優が「松たか子」と「三木眞一郎(しんいちろう)」で「たか」と「しん」にもなっている。

高野愼介(たかのしんすけ)とのシンクロ現象
ジョジョの奇妙な冒険 第四部に登場する
「宇宙人 ヌ・ミキタカゾ・ンシ
タカシンンシ、が名前に使われている宇宙人キャラ
出身地  マゼラン星雲 年齢  216歳 職業  宇宙船のパイロット
嫌いなもの  サイレンの音

(ジョジョ4部も宇宙人登場前の話が2017年に実写映画放映)
いずれも「高野愼介(しんすけ)」に合わせて、宇宙人が作らせているということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です