銀河の回転曲線問題・観測宇宙はマトリックスである根拠

「銀河の回転曲線問題」
太陽系は「天の川銀河」の中にある
天の川銀河の回転速度が内周と外周でほぼ一定の速度観測が「科学的にされている」

回転している場合「内周と外周の速度が一定に近いとは物理的にありえない」

つまり「太陽系の外側で観測される銀河はマトリックスのホログラフ」であるという根拠です。

私達が天体望遠鏡で見ている宇宙は「実物ではない」ということなのです。
______
下記引用
銀河の回転は、本来なら中心に近いほど速く回り、外側が遅く回る差動回転となる。そうすると腕は幾重にも巻いていなければならない。しかし、腕の回転速度は中心からの距離によらずほぼ一定である。これを「銀河の回転曲線問題」と云う。
__________
http://space.geocities.jp/drjfw841/public_html/d_tide/dFiles/d_gracticArm.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です