政府・国会議員への請願書の提出要望

2018年3月12日時点で、現役の衆参議員・参議院議員宛に下記内容をお送りしました。 補足:請願書とは、国民が国政に対する要望を直接国会に述べることのできる請願は、憲法第16条で国民の権利、であり、議員の紹介署名があれば、衆議院・参議院の委員会に提出、委員会を通過すると、議会にだせるという、公的な仕組み。 _____________ 当文章は各国会議員の方々へお送りしております。 高野愼介と申します。 「地球外知的存在の政府広報に関する請願書」の手続きのお願い ・国民が国政に対する要望を直接国会に述べることのできる請願は、憲法第16条で国民の権利として保障されております。 請願書は、議員の紹介により提出しなければなりません。したがって、提出に関する具体的な手続は、議員ないし議員秘書が行います。 よって、国会議員の方々へ「地球外...
Read More

日本政府機関や国会議員に対しての要望

下記の内容などで政府機関や国会議員宛に、高野愼介への返答を求めています。 ____ 2018/2/27日の閣議決定で日本政府はUFOの存在を確認していない、とし、答弁書は「わが国に飛来した場合の対応について特段の検討を行っていない」と報道されていますが、(産経ニュース記事) http://www.sankei.com/smp/politics/news/180227/plt1802270024-s1.html 実際はUFOは地球上に攻撃可能で先日の自衛隊ヘリ墜落や、死亡事件も多々UFOからの攻撃で起きる現状が事実でございます。 UFOは「未確認」ということは TVでロシアのメドベージェフ元ロシア大統領が「宇宙人はいる」と公言した事実があり、「ロシア大統領になると渡される機密ファイルに地球外知的存在、UFO・宇宙人の...
Read More